カンボジア経済

カンボジア経済

「カンボジア経済」は、カンボジアのビジネスの側面を理解するのに役立つサイトです。
意外な情報を手に入れることもできます。

たとえば、
私がプノンペンに滞在した時、naga worldのホテルに投宿したのですが、
このホテル、カンボジアで唯一のカジノがあります。

ホテルの1階、2階がカジノですので、
客室に行く前に、ちょっと寄ってみたのですが、
これがかなりの賑わいで、活況を呈していました。

そうしたら、「カンボジア経済」に、

 プノンペン中心部でカジノホテルNaga Worldを経営するNaga coop社は、2012年の純利益が1億1310万ドル(約106億円)に達したと発表しました。これは2011年に比べて23%増となり、好調が続いています。売り上げは、2億7880万ドル(約262億円)で、うち62%がテーブルゲーム、32%が電子式ゲーム、6%がホテルとなっています。

と書かれた記事を見つけました。
カンボジアでの体験に基づいているので、106億円もの利益が上がってたのか!
と、かなりのリアリティを持って理解できるわけです。

さらに、

 増益の理由は、カンボジアへの観光客数の増加が寄与していると分析されています。カジノの主な顧客はベトナム人で、全体の4割を占めます。中国人は予想外に少なく、10%未満であるとしています。

上記を読むと、カジノのお得意さん、ベトナム人だったの!?
しかも4割も!

と、なかなか顔を見ただけでは国籍を判別しにくいインドシナ半島の人々ですが、
「カンボジア経済」の記事が教えてくれるわけです。

社会主義国に住んでいても、資本主義経済の国に住んでいても、
ギャンブルが好きな人の割合は、変わらないわけです。

そんな事情、その国の素顔にぐぐっと近寄れた気がしました。

ネタをどしどし投入してくれる「カンボジア経済」、
カンボジアのビジネス情報を効果的に収集すのにとても便利です。

カンボジア経済

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>